徹底攻略!LINE・メールで復縁を果たす効果的な4つの方法

b79370c505c815ea376173238ee17080_s

復縁の可能性をアップさせるにはLINE・メールの送り方を考えるべきです。

元カレ・元カノとよりを戻すには、連絡を取ることが何よりも大切です。

しかし、十分な冷却期間が取れていなかったり、誤った内容のメッセージを送ってしまう方がすごく多いです。

そうしたLINE・メールでは相手の負の感情を増幅させて、余計に復縁を困難にさせてしまいます。

別れた相手にLINEやメールを送るのはとても難しい…たぶんそう思いますよね。

ですが、コツさえ掴んでしまえばそれほど複雑ではないですし、復縁成就だって可能です。

復縁を果たすためにLINEやメールを効果的に使う方法をご紹介していきます。

ツールはうまく活用して、元カレ・元カノとの復縁をぐっと近づけましょう!


スポンサーリンク

たった1回の謝罪LINE・メールを送る

復縁では素直に謝罪をすることはとても大切なことです。

何度も送ってはいけない

しかし、何度も繰り返して謝罪LINEをしてしまうと、しつこさが出てしまいます。

お別れした理由があなたにあり、どうしてもお相手に謝罪をしたい…。

そうした時はなるべく一度だけで簡潔に終わらせるようにしましょう。

たった1回にする意味とは?

なぜたった1回のLINEで終わらせるのでしょうか?

いつまでもぐずぐずと謝っていては、逆に反省していないように見えてしまうからです。

どれくらいの期間で送信する?

謝罪のLINEはお別れした後2、3日~1週間程度経ってからが一般的です。

相手も落ち着いて文面を読むことができます。

しっかりと「自分が悪かったこと」を素直に謝り、その後は冷却期間に入りましょう。

感謝の言葉も添えてみよう

謝罪の文面はただ謝っているだけでは良くありません。

メッセージの中には「感謝の言葉」も入れるようにしましょう。

感謝をされて突っぱねられる人はあまりいません。

少しでも元カレ・元カノの気持ちを柔らかくするためにも、感謝の言葉を入れると効果的です。

スポンサーリンク

元カレ・元カノにはLINEとメールはどちらが良い?

別れた相手にメッセージを送る。

この時、メールにするかLINEにするか迷いませんか?

復縁の可能性を高めるにはどちらを使うべきか、その目安をご紹介します。

長文ならばメールのほうが良い

LINEとメールどちらが良いか、これは悩ましいところですね。

長文になるようであればメールのほうが良いかもしれません。

LINEで長い文章を送ると嫌がられる可能性が高いからです。

メールの方がまとまったメッセージを送るのに向いています。

サラッと送るならラインがベスト

逆に、サラッと謝罪の気持ちだけ伝えるのであれば、LINEの方が良いでしょう。

LINEはカジュアルになるので、重々しさがなくて読みやすいというメリットがあります。

メールだと開封するのを手間と感じる人もいますし、そもそも重苦しさがありますね。

お相手がどちらを使っていたか思い出す

また、元カレ・元カノがLINEとメールどちらを頻繁に使っていたかも重要です。

より、使っていたであろう方に送るようにすると読まれやすいです。

スポンサーリンク

LINE・メールをリラックスしているタイミングで送る

復縁中のLINE・メールでは送信する時間帯も注意が必要です。

メッセージを送る際にはお相手が仕事中などではなく、家に居てリラックスしているときを狙いましょう。

生活習慣はそれほど変わらない

いつがいいのかわからない…。

そんな時は、元カレ・元カノとお付き合いしていた頃のことを思い出してください。

人間はそれほど大きく生活習慣が変化することはありません。

お付き合いしていた当時、「だいたいこの時間は家にいたな」と思われるタイミングに送信しましょう。

タイミングを見計らう意味

なぜLINE・メールの「タイミング」を気にする必要があるのでしょうか?

それは、忙しい時に元恋人から連絡があると、お相手の頑な心がもっと頑なになってしまうからです。

リラックスをしている時であれば、比較的受け入れやすい気持ちになれるものです。

もちろん、マイナス感情は残っているのは事実ですが、それでも仕事中に送るよりはマシですね。

内容はどんなものが良い?

タイミングを見計らったら、メッセージの内容にも気を配りましょう。

ちょっとだけ仕事などをねぎらうような言葉を入れると、心が柔らかくなりやすく効果的です。

この方法ではタイミングが重要ですから、お相手が忙しいと思われる時は避けるのは鉄則です。

スポンサーリンク

返信を求めない労いメッセージでわだかまりを解く


復縁を目指すお相手にメールやLINEをする時に絶対に覚えておかなくてはいけないことがあります。

それは、お相手が返信しなくてもいい内容にすることです。

疑問形で終わったり、元カレ・元カノが返答せざるを得ないような内容は避けましょう。

お相手にとって大きなストレスとなり、あなたにさらなるマイナスイメージを持ってしまいます。

どんな内容がいい?

では、返信がなくても困らないような内容とはどんなものでしょうか?

ただの業務連絡も該当はしますが、全くお相手にアピールはできませんよね。

復縁中に最も効果的になりそうなのが、労いメールです。

  • 仕事おつかれさま。
  • すごく頑張ってるって聞いているよ。
  • 活躍しているみたいだね、すごいね。

ちょっと私だとうまい言葉が出てきませんが、内容的にはこういうことです。

下手に長文にするのではなく、一言二言くらいで十分でしょう。

いつから送信していいの?

これを送るのは、お別れしてから冷却期間も経て暫くしてからがいいでしょう。

期間をおかず、度々送ってしまうようなことはいけません。

「見張られているのだろうか?」と相手に不審な思いをさせるかもしれないからです。

労いメッセージの効果は?

このような軽い労いLINE・メッセージにはどういった効果があるのでしょうか?

お相手としては「返信」を求められていないので、とても軽く読むことができます。

重さがなく、ただ単に「応援されている」という気持ちが芽生え、あなたを拒否するような気持ちが解けて行くのです。

もちろん、しっかり冷却期間を取り、それなりの負の感情を除去してからでないと効果がありません。

じっくりとLINE・メールの送信タイミングを見計らいましょう。

おわりに


復縁を成就させるためには、LINE・メールを攻略することがカギとなります。

ご紹介したように難しいテクニックなどは必要ありません。

大切なのは、元カレ・元カノにとって迷惑にならないようにすることです。

せっかくLINE・メールを送ってもマイナス感情を増幅させては復縁が難しくなります。

メッセージを送る際には「相手の気持ちを考える」ことを優先させていきましょう。

無料相談で元カレ・元カノと復縁する!

実は、復縁はそれほど難しいことではありません。
自分に合った冷却期間の過ごし方、自分磨きやアプローチ法を実践すれば元カレ・元カノとよりを戻すことができます。

「それができないから悩んでいるのに…」

そんな方はぜひ、復縁のカリスマ・小野田ゆうこさんに相談してみましょう。
プロの復縁アドバイザーとして相談件数4万人以上、満足度97%以上の実績を誇っています。


初回無料のメール相談と復縁に役立つ無料メルマガをお試しください!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする