復縁したい相手にメールするにはどれくらいの期間をあけるべき?

15022301
別れてしまった元カレ・元カノと復縁したい…でも「すぐにメールをしても大丈夫?」とお悩みの方もいることでしょう。
険悪な雰囲気で別れてしまったら尚更ですよね。
ここでは、別れたときの状況別に、どれくらい期間をあけてメールをすればよいかについてお話します。


スポンサーリンク

あなたから別れを切り出した場合

この場合は、お相手もあなたに未練がある場合が非常に高いです。
別れてから期間が経っていなければ経っていない程、その可能性が高くなるでしょう。
逆に期間を開けてしまうと、お相手があなたへの未練を断ち切ってしまうかもしれません。
つまり、下手に期間をあけると復縁できる可能性を失ってしまうということですね。

この状況の場合は、なるべく早くメールをしてみてください。
もし、あなたが怒って別れを告げた場合だったら、そのことについて謝る言葉もメールに含めてみてくださいね。
もしかしたら、すぐに復縁できるかもしれません。

スポンサーリンク

くだらないことで喧嘩別れをした場合

お相手は喧嘩なんかでお別れしてしまったことを、あなたと同じように後悔しているかもしれません。
メールをするのは比較的早い方がいいでしょう。
取り敢えず、喧嘩別れなんて嫌だということ、もう一度会ってちゃんと話したいことを伝えてください。
喧嘩のテンションを引きずってしまう可能性があるので、お別れした次の日にすぐメールをするのは控えた方がいいでしょう。状況にもよりますが、2、3日も置けばお相手の頭も冷えているころかもしれません。

スポンサーリンク

お相手からあなたが振られた場合

この場合は、その時の状況によってちょっと変わってきます。

お相手に新しいパートナーができて振られた場合

この場合は、別れてすぐの期間はお相手は新しいパートナーに夢中です。
ですから、あなたからメールをするのは控えた方がいいでしょう。
強引にメールをするのは復縁の機会を失う可能性があります。

とは言っても、全くメールをしなかったら、あなたの存在を忘れられてしまうかもしれません。
1ヶ月位経った頃に、未練を感じさせないような内容の近況伺いメールなんてしてみるといいかもしれません。
その時にまだ新しいパートナーとラブラブそうだったら、2、3ヶ月はメールを控えた方がいいでしょう。

お相手があなたに不満があって振られた場合

この場合、お相手があなたに嫌悪感を抱いている場合も考えられます。
メールは暫く控えましょう。
メール以外の方法で復縁を目指すことも考える必要があるかもしれません。
あまりあなたからの積極的な接触はおすすめできませんので、暫くはぐっと我慢。
メールをするのは、取り敢えず1〜3ヶ月くらいは待ってください。

スポンサーリンク

まとめ

メールは手軽にお相手とコミュニケーションを取れるツールです。
そのためつい頼ってしまいがちですが、状況によっては復縁を目指すには向かない場合もあります。
文字だけだと、どうしてもお相手がその時の気持ちでメールの内容を解釈しがちです。
状況に合わせてうまくメールを使うようにしましょう。

無料相談で元カレ・元カノと復縁する!

実は、復縁はそれほど難しいことではありません。
自分に合った冷却期間の過ごし方、自分磨きやアプローチ法を実践すれば元カレ・元カノとよりを戻すことができます。

「それができないから悩んでいるのに…」

そんな方はぜひ、復縁のカリスマ・小野田ゆうこさんに相談してみましょう。
プロの復縁アドバイザーとして相談件数4万人以上、満足度97%以上の実績を誇っています。


初回無料のメール相談と復縁に役立つ無料メルマガをお試しください!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする