復縁冷却期間中に絶対にやっておきたい録音アファの効果とは?

f4654405ac94fc3fbaeb5aedd7a9864f_s
復縁は、相手の抱いた自分に対する思いを変えなければ成功しません。
別れた直後はどうしても、相手は悪いイメージしか持ち得ません。
ですから冷却期間を置くことが大事なのですがそれはとってもつらいこと。
ですがそのつらさを前向きに変えてくれる効果的な方法があります。
それが録音アファメーションです。


スポンサーリンク

復縁と冷却期間

復縁にはほぼ必ず「冷却期間」が必要です。
なぜなら別れを意識した時点で、相手の心にはあなたに対してマイナスイメージがあるからです。
好きだけどもろもろの事情がかさなり別れてしまった、という場合でも”もろもろの事情を覆せるほどの関係ではなかった”と言えてしまいます。
ですから、別れてからはなるべく冷却期間をもつようにしましょう。
復縁は、相手が抱いたマイナスイメージを昇華してからです。
昇華にはどうしても時間がかかります。悲しいから、つらいからといってすぐに縋り付いたり復縁を迫ったりしては逆効果です。
冷却期間をとるならば

  • 連絡をしない
  • もちろん会わない
  • SNSでも控えめな行動をする

しばらくはこのように過ごすのが理想です。

冷却期間なしのケースもある?

ほぼ必ず復縁では冷却期間を持つべきですが、なくても良いケースもあります。
たとえば、軽い喧嘩別れだったり、お相手の方があなたに気がある場合、こちらから振った場合などです。
こうしたケースではマイナス感情よりもプラスの感情の方が強いことが多々あります。
せっかくの相手の恋愛感情を薄れさせてしまう可能性があるので冷却期間をとらない方が良いんですね。
ご自分の別れの形を思い出し、冷却期間をとるべきかどうか判断していきましょう。

スポンサーリンク

冷却期間に行うべきこと

でも冷却期間とはいえ、心の中は別れた恋人のことでいっぱいなはずです。
何かをしたり何かを考えたりするたびに恋人のことが思い出されてつらくなる…というのは誰しも経験があるのではないでしょうか。
これは、恋人のことを「意識」してしまっているからですね。
ではこの何をしてもつらい時期に何をしたらいいか、というと、それこそが録音アファメーションなのです。
この冷却期間の間をどう過ごすかによって、中身も外見も変わります。
ただただ悲しむ期間にしてしまわないよう、録音アファで自分を磨く期間としていきましょう!

スポンサーリンク

冷却期間に録音アファメーションを行う

録音アファメーションは、潜在意識(=無意識)に訴えかけるものです。
ですから何をしても恋人を”意識”してしまう冷却期間にぴったりなんです。
潜在意識を変えていこう、という手法ですから、無理して出かけて彼を思い出す…なんてこともありません。
家でひとりで行えるのですから、冷却期間にぴったりです。
次に恋人に会えるその日までに「○○な自分になる」という気持ちで録音アファメーションを行いましょう。

関連:メチャ簡単!復縁率を高める録音アファたった3つの手順!

スポンサーリンク

録音アファメーションの効果とは?

復縁での録音アファには以下の様な効果が考えられます。

  • 内面から綺麗になれる
  • 冷静な判断ができるようになる
  • 人生が楽しくなる
  • 前向きな心が手に入る
  • 復縁に向けて行動できる

潜在意識を変えるだけで、これだけの良い効果が得られるんですね。
録音アファはそれほど難しいものではありません。
冷却期間中にしっかりと行って、復縁に向けて楽しみながら進んでいきましょう。

関連:心から変われる!録音アファが復縁活動にもたらす本当の3つの効果

おわりに

以上のように考えれば、長くつらい期間のように思える冷却期間が短く感じるはずです。
恋人がまた認めてくれる自分になるのに、1日や2日じゃたりないはずです。
また好きになってもらうためには、今よりもっともっと素敵な自分にならなければいけないですよね。
もっともっと素敵になるために、たっぷり時間をかけてみましょう。
何もやる気がなくてつらい冷却期間にこそ、録音アファメーションをすることをおすすめします。

無料相談で元カレ・元カノと復縁する!

実は、復縁はそれほど難しいことではありません。
自分に合った冷却期間の過ごし方、自分磨きやアプローチ法を実践すれば元カレ・元カノとよりを戻すことができます。

「それができないから悩んでいるのに…」

そんな方はぜひ、復縁のカリスマ・小野田ゆうこさんに相談してみましょう。
プロの復縁アドバイザーとして相談件数4万人以上、満足度97%以上の実績を誇っています。


初回無料のメール相談と復縁に役立つ無料メルマガをお試しください!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする