願えば叶う!復縁効率を高める録音アファ3つの例文・キーワード

a0c2b80fa031342a17c03fdd51b95bb7_s
せっかく録音アファを行うのであれば、できるだけ効果的な方法で行いたいですよね。
復縁における録音アファメーションは、「どんな自分であれば復縁できるか」というところを考える必要があります。
そのための復縁の可能性をより高めてくれる、3つの言葉の例をあげますので、参考にしてみてください。


スポンサーリンク

例1:彼(彼女)の好みに自分を合わせる

付き合っているうちに、相手の本当の理想の恋人像というものを知ったはずです。
簡単に言うと、好みのタイプです。
たとえばグラマラスであるとか、家庭的である、などです。
これを録音アファメーションに取り入れましょう。
録音アファメーションに使う言葉は、具体的で明確なほうが良いです。
「家庭的」「優しい」などざっくりした表現よりも「目が大きい」「オムライスが上手に作れる」「○○に似ている」など、一言でどんな状況かイメージできる言葉にしましょう。
相手が理想としているタイプの人を思い浮かべて、それを言葉に表してみてください。
きっと少しずつその言葉通りの自分に近づくはずです。

スポンサーリンク

例2:私は彼(彼女)を支えられる

これも付き合っていたときのことを思い出して、相手が何を必要としていたか…というところから考えてみましょう。
例えば、仕事が忙しい相手に対して構って欲しくてワガママを言い、結果フラれてしまった場合。
復縁するためには、相手にワガママを言わない自分になる必要がありますよね。
でしたら「癒せる」「落ち着いている」「自立できる」などとアファメーションするのが良いと思います。
気を付けてほしいのは「ワガママを言わない」など否定的にしないこと。
否定的にすると、”現時点でワガママな自分”というのも潜在意識に刷り込まれてしまうからです。
なるべく、断定的でポジティブな表現で言い換えてくださいね。

スポンサーリンク

例3:私は彼(彼女)と○○な家庭を築ける

○○、の部分にはこれも具体的な言葉をいれましょう。
自分が想像する明るい未来には何があるか…ということから考えてみましょう。
“一軒家で犬を飼って毎日彼に美味しい料理をふるまえる”といった感じです。
“貧乏でもいいから彼と暖かい家庭を築く”と言ってしまったら、潜在意識にも「貧乏」という言葉が刷り込まれてしまいます。
録音アファメーションは自分を変えるのに効果的であるが故に、言葉選びには気をつけましょう。

スポンサーリンク

おわりに

以上はほんの一例です。
何となく「復縁したい」と思っているだけではなかなかその願いは叶いません。
大切なのは、「どんな自分になれば復縁できるのか」「復縁をしてどんな自分になりたいか」「復縁して相手とどうしたいのか」ということを具体的にイメージすることです。
録音アファメーションをはじめる前に、一度そこをしっかり考えてみましょう。
そうすればより復縁に効果が期待できますよ!

無料相談で元カレ・元カノと復縁する!

実は、復縁はそれほど難しいことではありません。
自分に合った冷却期間の過ごし方、自分磨きやアプローチ法を実践すれば元カレ・元カノとよりを戻すことができます。

「それができないから悩んでいるのに…」

そんな方はぜひ、復縁のカリスマ・小野田ゆうこさんに相談してみましょう。
プロの復縁アドバイザーとして相談件数4万人以上、満足度97%以上の実績を誇っています。


初回無料のメール相談と復縁に役立つ無料メルマガをお試しください!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする