冷却期間後に送るメールで復縁率をアップさせる3つのポイント

9dd13d52338057ce6d735b58be5aa423_s
冷却期間後のメールはどうやって送ったらいいのでしょうか。
疑問や不安を感じている方も多いですよね。
今回は復縁率をアップさせるメールの方法をご紹介いたします。


スポンサーリンク

相手のことを考え、十分理解すること

復縁に限ったことではありませんが、相手の事を理解してない状態でメールを送ってはいけません。
本能のままに書き連ね、長文で意味不明な内容のメールを送ってしまったら…とても相手からの返信は期待できないでしょう。
返事が来ないどころか、せっかくの冷却期間が無駄になってしまうこともあります。
そのまま復縁失敗…なんて悲惨な結果になることも。
冷却期間後のメールというのはそれくらい重要なものなんです。
ですから、しっかりと相手の事を考えて

  • 元カレ・元カノが喜ぶ事は何か?
  • 相手の幸せのためには何が必要であるか?
  • 別れた原因は何であったのか?

これを理解し、自分の中で整理をつけておかないといけません。
冷却期間中にじっくりと考え、その上でメールを送るようにしましょう。

スポンサーリンク

相手の幸せと自分の幸せはイコールではない

自分が嬉しいと感じることは相手も嬉しいと思うだろうという考えは当たっているようで実は違います。
人それぞれ好き嫌いがありますし、感じ方だって千差万別です。
例えば自分が好きな食べ物を食べていても相手もおいしいと思うかは…別ですよね。
それと同じで、復縁では元カレ・元カノの立場に立って「喜ぶことってなんだろう」とか考えることが必要になります。
冷却期間後のメールもその意識を忘れないようにしたいものですね。

スポンサーリンク

あくまで友人として送りましょう

冷却期間直後のメールは線引きが大切です。
一度別れて復縁を目指している…つまり以前のように恋人関係ではありませんよね。
ですから、メールも元恋人としてではなく、友人として送るようにすべきなんです。
友達として送るのですから、あまり長文にしたり濃すぎる内容のものを送るのは良くありません。
冷却期間後、久々のメールは思いを込めたくなるものですが、ここはスマートにいきましょう!

長文ではなく短文で

仕事でもない限り、ほとんどの人は長文メールに「ウザいなぁ」と感じるものです。
元カレ・元カノから送られてきたものであればなおさらそう感じてしまうでしょう。
冷却期間後にいきなり長文メールを送信したら…迷惑がられるどころか、返信が来ないかもしれません。
それじゃあ復縁になんてとてもむかえませんよね。
「会話のしやすい短文メール」を意識して、まずは友人としてのスタンスで連絡をとりましょう。

スポンサーリンク

会いたい雰囲気を作りましょう

冷却期間後のメールで一番重要なことは、「次へと繋げるステップ」を作ることです。
いきなり急接近するのではなく徐々に距離を縮めていくようにしていくとよいでしょう。
そうしてゆっくりと親密になっていき、最終的には「二人で会う」「デートに行ける」段階が一つの到達点になります。
元カレ・元カノを気軽に誘えるくらいになれば最高です。

いきなり誘うこともできる?

別れた時にしつこくなかった場合や、相手が根に持たない方であれば最初からいきなり誘うことも可能でしょう。
かなり勇気は必要ですが、思い切って踏み出すと意外に成功するものです。
お互いの現在の状況を話し合うようなやりとりから始めると意外とスムーズに事は進みそうです。
別れの状況やお相手の性格次第ではこうした行動も悪くはありません。

おわりに

メールは連絡をとるための手段であり、ツールです。
1日1往復のやりとりでも、それが毎日続くと相手はあなたの事を考える時間が増えてきます。
そしてあなたをどんどん意識するようになっていくでしょう。
会えるような関係を築くまでは時間もかかるかもしれません。
長い冷却期間を経た後では…本当に辛いかもしれません。
しかしそうした状況になれば、もう一度好きになってもらえることも決して難しいことでは無いのです。
地道にやりとりを続けることは復縁成就へ向けてベストな手段です。
じっくりと元カレ・元カノとの距離を縮め、復縁成功率アップさせましょう!

無料相談で元カレ・元カノと復縁する!

実は、復縁はそれほど難しいことではありません。
自分に合った冷却期間の過ごし方、自分磨きやアプローチ法を実践すれば元カレ・元カノとよりを戻すことができます。

「それができないから悩んでいるのに…」

そんな方はぜひ、復縁のカリスマ・小野田ゆうこさんに相談してみましょう。
プロの復縁アドバイザーとして相談件数4万人以上、満足度97%以上の実績を誇っています。


初回無料のメール相談と復縁に役立つ無料メルマガをお試しください!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする