元カレに送る冷却期間中のメール・LINEで忘れてはいけない3ヶ条

0088c913a6cc75ec109ff49e39440ecd_s
冷却期間中は基本的に元カレにメール・LINEをしてはいけません。
ですが、状況によりどうしても連絡が必要な場合もあるでしょう。
そういう場合のメール・LINEで気をつける事はどんなことなのでしょうか。
ここでは、冷却期間中に元カレにメールやLINEを送る場合に絶対忘れてはいけないことについてお話します。


スポンサーリンク

元カレに未練を感じさせないこと

冷却期間中に連絡をする…それは何かどうしても外せない用件がある場合でしょう。
業務的なメールやLINEであればこちらから連絡することはかまいません。

ただ、絶対に忘れてはいけないことがあります。
それは、あなたの未練を元カレに感じさせないようにする、ということです。
業務連絡であるはずなのに、あなたが未練を感じさせる内容のメッセージを送ったとします。
すると、元カレは「まだ俺のことが好きなのか…」「未練たらたらじゃん…」と思ってしまうんですね。
お相手のマイナス感情がなくなり、好意を抱いているならば万が一の復縁はあるかもしれません。
しかし、基本的には冷却期間中、元カレに未練を悟られることは復縁活動にとってマイナスになります。

未練を悟られることがなぜNGなのか

元カレに復縁の思いを感付かれることがNGな理由、それは2つあります。
一つ目は元カレがあなたをそこまで嫌っていない場合。
この場合、一見復縁できそうな気がしますよね。
ですが、別れてすぐはどうしても気まずさがあります。
「今すぐ復縁したい!」とはそうそうなりません。
むしろ「別れたばかりでアタックされちゃうと…」と心を閉ざしたり引いたりしてしまうんです。

また、逆に一時的にあなたのことを嫌いになっている場合。
これはもう、あなたの未練は元カレの心を遠ざけてしまいます。
マイナス感情を持っている以上、未練を感じる内容のメール・LINEは「ウザい」と感じてしまうのです。
ですから、連絡をする際には、復縁したい!という気持ちを抑えるようにしましょう。
必要最低限の内容か、余計な感情が篭っていないか…ちゃんと確かめてから、送るようにしてください。

スポンサーリンク

内容は短文に用件だけを伝える

メッセージの内容はできるだけ短文で、用件のみを伝えましょう。
これは復縁を目指す場合、特に冷却期間中には大鉄則です。
長文のメールは、前述でお話しした未練を感じさせるメール・LINEとも取られがちです。
元カレの感情次第では「復縁の望みが絶たれる」可能性もあるので注意しましょう。

用件のみでも長文になってしまう…

勿論、どうしても用件が長くなってしまった場合の長文メールは仕方がありませんよね。
とは言え、男性は長いメールを読むのは苦手な方も多いのも事実。
たとえ、必要最低限のことでもあまりに長文なメッセージは嫌います。
ですから、出来る限り短文にしておきましょう。

口調には注意

短文とは言え、事務的過ぎる口調は控えましょう。
あなたが元カレと別れたときの状況にもよりますが、円満に別れたのでしたら、友達と話すときの口調でいいでしょう。
喧嘩別れなどでしたら、あまりよく知らないクラスメートくらいの感覚がベストです。

スポンサーリンク

返信が来なくても、すぐには追撃しない

メールを送ってみて返信がこなくても、「返信まだ?」のようなメールは禁物です。
LINEならば既読無視されたとしても「読んでくれたよね?」とメッセージを送ってはいけません。

そもそもメール・LINEで済ませられる業務連絡の場合、必ずしも返信しなければいけないことはありません。
よほどの急用でもない限りは返信しない人もけっこういると思います。
それも別れた人から送られてきたメッセージに「すぐ返信しよう」と思う人はあまりいないんですよね。
ですから、返信は最低でも1週間は待ってみましょう。

どうしても返信が必要な連絡の場合

その上でどうしても返信が来ない、且つ、絶対に返信が必要な内容だった場合もあるかもしれません。
そういうケースならば、1度だけならば催促メールしてもかまいません。
「この前送ったメール届いてない?申し訳ないけど、返信だけもらえると助かります。」
のようなメールを送ってみましょう。

それでも返信が来なければ、第三者に様子を伺ってもらうか、共通の知人が居ない場合なら電話をしてみるしかないでしょう。
もっとも、本当に返信が必要な内容であれば、2度もメールがあれば返信しないような人はまずいません。

スポンサーリンク

おわりに

冷却期間中はこちらから接触をしない、これが大前提です。
その基本を覚えておけば、業務連絡など「必要な連絡」をする際にどうすべきかがわかると思います。
特に男性の場合はあまりマメに連絡を取らない、長文が苦手、追撃が嫌いという特徴があります。
今回の記事が元カレに送るメール・LINEの参考になれば幸いです。

無料相談で元カレ・元カノと復縁する!

実は、復縁はそれほど難しいことではありません。
自分に合った冷却期間の過ごし方、自分磨きやアプローチ法を実践すれば元カレ・元カノとよりを戻すことができます。

「それができないから悩んでいるのに…」

そんな方はぜひ、復縁のカリスマ・小野田ゆうこさんに相談してみましょう。
プロの復縁アドバイザーとして相談件数4万人以上、満足度97%以上の実績を誇っています。


初回無料のメール相談と復縁に役立つ無料メルマガをお試しください!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする