遠距離の復縁では別れの原因に合わせた対策が重要です!

15052301
遠距離での復縁を目指すときに重要なポイント。
それはどのように復縁まで進めて行くか、つまり計画性です。
特に、遠距離の場合は「お別れした原因」を分析して、それに合わせた対策を立てることが重要になってきます。
今回は、お別れした原因別に、どのように復縁を目指したら良いかご紹介しましょう。


スポンサーリンク

遠距離で寂しくて別れた場合

このケースでは以下の3つの状態が考えられます。

  1. あなたが寂しかった場合
  2. お相手が寂しかった場合
  3. お互いに寂しかった場合

まずはこのどのパターンに当てはまるのか考えてみましょう。

寂しさが理由で考えられること

寂しい事が理由でお別れしたのであれば、寂しさや会えないことへの苛立ちから衝動的に別れを口にしてしまったことが多いのではないでしょうか。
この場合、かなりの確率で別れを切り出した方は別れた後も迷いや後悔を持っています。
あなたがお別れを切り出したのであれば下手に色々対策を練り過ぎるのは良くありません。
素直に謝り、もう一度付き合いたい事を伝えることですんなり復縁出来るかもしれません。
お相手がから切り出されたのであれば、一度グッと堪えましょう。
そして冷却期間をとったり、連絡をとりやすい環境づくりをしていきましょう。
良い関係性を築け、楽しい話を続けることができれば、復縁できるチャンスはやってきます。

スポンサーリンク

お相手に新しい恋人ができたことが原因の場合

遠距離恋愛中に新しい恋人ができてしまうことはよくあることです。
遠くてなかなか会えないと、やっぱり寂しくなってしまいまうものです。
つい近くにいる寂しさを埋められる相手に行ってしまうことがあるんですね。

円満にお別れしたのであれば

特にお相手とうまく行ってなかったというわけではなければ、望みがあります。
元カレ・元カノが新しい恋人とのラブラブ期が過ぎた時に復縁出来るチャンスがくるかもしれません。
ですから、それまではたまにメールやLINEで連絡を取り続けるようにしましょう。
内容は友達のようなサラッとした内容にしておいてください。

険悪な雰囲気で別れてしまった場合

もしも、元カレ・元カノと険悪な雰囲気が続いてお別れになったのでしたら、少し状況が違ってきます。
この場合は、しっかりと冷却期間を置いてから、復縁対策を行った方がいいでしょう。
お相手は現時点ではあなたに良い印象を持っていない可能性が高いです。
なので元カレ・元カノのそういう気持ちが落ち着くのをまずは待ちましょう。

スポンサーリンク

あなたの浮気が原因で別れた場合

この場合はお相手は深く傷ついていますから、冷却期間がとても重要になってきます。
元カレ・元カノを刺激するような言動は控えるようにしましょう。
お別れした後に、心からの謝罪の言葉を送ったら、あなたからの連絡は暫く断ってください。
その間あなたは、しっかりと自分自身の行いについて反省をしましょう。

冷却期間はどれくらい必要?

浮気が原因であるならば2、3ヶ月開けても良いくらいです。
別れの理由として、相手に与えるマイナスイメージが強いのでどうしても長くなってしまうんですね。
元カレ・元カノの気持ちを落ち着ける大切な期間なのでじっくりとタイミングを見計らいましょう。

連絡はとってもいいの?

冷却期間後の連絡は慎重に行わなければいけません。
どうしても連絡をしないといけない、そういった用事を装えばコンタクトを取りやすくなります。
貸し借りの清算やお相手にしか解らない件などがいいでしょう。
その連絡の時の様子で、ある程度元カレ・元カノの様子が伺えますから、それに会わせて復縁活動をしていってください。

スポンサーリンク

おわりに

遠距離では通常の復縁よりも計画性が重要になってきます。
まずは別れの原因をしっかりと分析してそれに合わせて行動をしていきましょう。
軽はずみな言動は元カレ・元カノを傷つけたり下手に刺激する可能性があります。
冷却期間なども上手に活用して、お互いがスムーズに会話できる状況をまずは目指してくださいね。

無料相談で元カレ・元カノと復縁する!

実は、復縁はそれほど難しいことではありません。
自分に合った冷却期間の過ごし方、自分磨きやアプローチ法を実践すれば元カレ・元カノとよりを戻すことができます。

「それができないから悩んでいるのに…」

そんな方はぜひ、復縁のカリスマ・小野田ゆうこさんに相談してみましょう。
プロの復縁アドバイザーとして相談件数4万人以上、満足度97%以上の実績を誇っています。


初回無料のメール相談と復縁に役立つ無料メルマガをお試しください!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする