復縁で冷却期間中はLINEの頻度はどれくらいがベスト?

43a697340d42fbc2084d3ffc5b2576fd_s
復縁を目指す上で、よく必要だと言われる「冷却期間」。
冷却期間というからには、LINEで連絡するのは控えた方が良さそうです。
しかし、全く連絡しないと忘れられてしまいそう・・・とご心配の方もいらっしゃるでしょう。
ここでは、冷却期間中にどのくらいの頻度であれば、LINEを効果的に使えるかご紹介します。


スポンサーリンク

基本はゼロがベスト

お別れしたときの状況にもよりますが、「冷却期間」と決めた期間は、連絡はしないのがベストでしょう。
連絡してしまうと、そもそも冷却していることになりません。
喧嘩別れなど、険悪な雰囲気の中でのお別れになってしまった方は、特に慎重になった方がよさそうです。
特別用事がない限りは、連絡は控えましょう。
まずはご自分も冷静になれるまでは、時間をあけてくださいね。

スポンサーリンク

連絡する必要がある仲の場合

例えば、お別れ後も物の貸し借りなどを清算するために連絡をしないといけない場合もあるでしょう。
また、職場や学校での関係上、連絡が必要な方々もいるかもしれませんね。
業務連絡など、お仕事に関わるような内容でしたら、頻度は考えずに連絡してもよさそうです。
そこは仕事として、私情を捨ててきちんと対応しているあなたをアピールしておく機会です。
そうではなくて、貸したものを返したりなどをする際は、少し頻度にテクニックを効かせましょう。
冷却期間中ですので、勿論毎日のようにLINEをしてはいけません。どんな場合でも、お別れしてから1週間程度はLINEはしない方が懸命でしょう。
週1くらいのペースで短文であれば、必要があって連絡をしているわけで、未練があるわけではないということを、お相手に暗に伝えられるでしょう。
冷却期間中は、お相手に未練がないということを感じさせるのが大事ですので、くれぐれもお相手から返信があったからといって、すぐに返信したり、何度もLINEしたりするのは止めておきましょう。
返信は、絶対に必要がある時のみに留めておいてください。

スポンサーリンク

どうしてもLINEを送りたくなったら・・・

冷却期間中に、特に上記のような用事がなくても、LINEを送りたいときもあるでしょう。
そこはぐっとこらえて!と言いたいところですが、あまり我慢しすぎて後で爆発しても、そちらの方が逆効果になる恐れがあります。
なので、どうしてもLINEをしたいという欲求にかられたら、2週間に1回位のペースであれば一言LINEをしてもいいでしょう。
その位の頻度であれば、お相手もあなたの未練を感じず、且つあなたのことを忘れることもありません。
内容は、彼の趣味や詳しいジャンルなどについて、質問するような内容がいいでしょうね。
「この前言ってた美味しいパスタの店ってどこだっけ?」のような軽い一言の質問がいいでしょう。
返信が来ない場合の追撃は厳禁です。

スポンサーリンク

おわりに

ここをぐっと我慢すれば、冷却期間空けにはLINEを使って復縁を目指すわけですし、その内気軽にLINEが出来る仲になれるわけですから、我慢出来そうであれば冷却期間中はLINEは控えて、自分磨きの時間に使ってくださいね。

無料相談で元カレ・元カノと復縁する!

実は、復縁はそれほど難しいことではありません。
自分に合った冷却期間の過ごし方、自分磨きやアプローチ法を実践すれば元カレ・元カノとよりを戻すことができます。

「それができないから悩んでいるのに…」

そんな方はぜひ、復縁のカリスマ・小野田ゆうこさんに相談してみましょう。
プロの復縁アドバイザーとして相談件数4万人以上、満足度97%以上の実績を誇っています。


初回無料のメール相談と復縁に役立つ無料メルマガをお試しください!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする