覚えておきたい、別れのタイプ別・復縁メール例文3つ

bc9fe59a6605427622662ff02f3cbce1_s
復縁を目指す際、メールという手段はとっても便利で有効活用すべきです。
しかしその反面、下手なやりとりをすると取り返しの付かない失敗をする危険なツールでもあります。
ですので、メールを送る際にはお相手の心が引いてしまわないように、十分な注意が必要になります。
ここでは、復縁メールの例文をタイプ別にご用意しました。


スポンサーリンク

円満に別れた場合

お相手に別れを告げられ、追いすがること無く別れを了承したあとであれば、お相手の心にあなたがまだいる可能性が高いでしょう。
お相手が別れることに対して、悲しそうであった場合には尚更。
そんな場合は、すぐにお相手と付き合えたことに感謝するようなメールを送ってください。
たとえばこんな例文はいかがでしょうか?

  • 「あなたとつきあえて、本当によかった。沢山楽しい思い出をありがとう。」
  • 「朝起きたら、別れたことが現実味をおびてきました。一緒に○○に行った時楽しかったなーと思い出してしまいました。今までありがとう。元気でね。」

・・・などのメールが良いでしょう。
お相手にあなたとのお付き合いを思い返してもらい、お相手にもあなたと付き合ってよかったと思わせることができるでしょう。
一見あなたからも別れを告げているように見えるかもしれませんが、良い友人としてメールが出来る関係になれれば復縁は難しいことではありませんから、大丈夫です。

スポンサーリンク

険悪な別れ方をした場合

喧嘩になったり、お相手から不満をぶちまけられて険悪な別れ方をした場合は、まず冷却期間を置きます。
まずは、お相手にあなたからのメールを受け止められる心の余裕を作ってもらいましょう。
冷却期間を置いて初めてメールをするときは、お相手が返事をしやすい文章で、復縁願望を感じさせないようなメールをしましょう。
未練を感じさせてしまうと、折角の冷却期間が無駄になってしまいます。
例文としては、以下のような感じです。

  • 「久しぶり。元気?確か○○の本が好きだったよね。何かおすすめある?周りに○○の本読んでる人がいなくて。」
  • 「久しぶり。突然だけど、△△ってどこで買えるか知ってる?確か持ってたよね。」
  • 「××好きだったよね?今度近所に来るらしいけど、知ってる?」

このように、お互いの関係には触れず、お相手の詳しいことや趣味についてアドバイスを求めたり、逆に情報をお知らせするようなメールなどが良いでしょう。
その際に、「忙しかったら返信不要です」とひとこと付け加えると、お相手もあなたからの未練を感じず、安心してメールができます。
この例文は、普通にメールが出来る関係まで修復する過程でも使えますから、自然なタイミングで送ってみてください。

スポンサーリンク

ご飯くらい誘えそうな仲の場合

お別れしたあとでも、友人関係を続けてメールをしている方もいらっしゃるでしょう。
いまいち復縁を切り出すタイミングがわからなくてお悩みかもしれません。
そんなときの復縁メールの例文はこちら。
暫く友人関係的な当たり障りの無いメールを続けたあとに使うと効果的です。

  • 「突然だけど、今までちゃんと言えなかったから言います。付き合ってた時、優しく出来なくてごめんね。今更ながら反省してます。でも、○○と付き合えて本当に良かったと思ってる。」
  • 「今更だけど、沢山傷つけてごめん。今、普通に話してくれることを感謝してます。」

このように書いたあとに、普通の話題を1文入れてみると、深刻過ぎずお相手も返信しやすいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

おわりに

メールだけで復縁を目指す場合、お相手の表情が見えないので難しく感じることもありますが、効果的に使えば一気に復縁が近づきます。
上手に例文を使って、復縁を成功させましょう!

無料相談で元カレ・元カノと復縁する!

実は、復縁はそれほど難しいことではありません。
自分に合った冷却期間の過ごし方、自分磨きやアプローチ法を実践すれば元カレ・元カノとよりを戻すことができます。

「それができないから悩んでいるのに…」

そんな方はぜひ、復縁のカリスマ・小野田ゆうこさんに相談してみましょう。
プロの復縁アドバイザーとして相談件数4万人以上、満足度97%以上の実績を誇っています。


初回無料のメール相談と復縁に役立つ無料メルマガをお試しください!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする