復縁おまじないで覚えておきたい心と環境について4つのポイント

24197db08ab0252307e09cde4e05fa44_s
復縁おまじないをするとき、どんなことが大事なのでしょうか。
おまじないの方法を間違えないことも大事ですが、おまじないをする際の心構えや周囲の環境も効果に影響してきます。
ここでは、復縁おまじないをする際に気をつけておきたいことについてお話します。


スポンサーリンク

気持ちを強く持ち、確信をもっておまじないを行う

復縁おまじないに関して色々と調べている方にとっては、耳にタコかもしれませんね。
おまじないを行う時に一番大事なのは、心構えかもしれません。
復縁のおまじないの場合でしたら、絶対にお相手と復縁をするという確信と、おまじないの効果を信じる気持ちが大切です。
また、暗い気持ちや誰かを妬んだり、恨んだりするような気持ちを持っておまじないを行ってはいけません。
おまじないの中には、その強力なパワーのために、そういったネガティブな気持ちを持っていると自分にそのネガティブなパワーが跳ね返って来てしまうことがあります。
おまじないをするときは、出来るだけ無心か、若しくは明るい気持ちで行いましょう。

スポンサーリンク

雑念が浮かびにくい静かな場所で行う

おまじないには精神統一が必要ですから、雑念は邪魔になります。
テレビや音楽の音は切り、誰かと住んでいるなら暫く静かにするようにお願いするのもいいでしょう。
携帯電話が鳴るのもおまじないの邪魔になりますので、携帯を使わないおまじないの場合は電源を切っておきましょう。

スポンサーリンク

自分や自分の周りを綺麗にしておく

できればおまじないは、お風呂に入って身を清めてから行いましょう。
外で行うものもあるので、そういった場合は、手だけ清めることができればいいでしょう。
清めには、塩を使うことができればもっといいです。
また、室内で行う場合はお部屋は掃除をしておきましょう。無駄なものは散らかしてはいけません。
おまじないは神聖なものであり、穢れを嫌うと理解して行えば、散らかっていたら気になることでしょう。
外でやるおまじないでも、周囲にごみが落ちていたりするとあまりよくありません。
「穢れ」と言えば、古くは「月の穢れ」と呼ばれていた生理もおまじないにはあまりよくありません。
毎日継続するようなおまじないではどうしてもかぶってしまうこともあるでしょうけれど、おまじないを始める日は、生理の日とはかぶらないようにしましょう。

スポンサーリンク

月の満ち欠けを気にする

月はおまじないにパワーを与えてくれます。
復縁のおまじないの場合は、特に定められていなければ、新月~満月の間に行いましょう。
継続して行う場合は新月の日に始めると、最も効果があります。

おわりに

これらをきちんと理解して、より効果的なおまじないが出来るように祈っています。
敬意を持って行えば、おまじないはきちんと答えてくれますから、復縁成就まで頑張りましょう!

無料相談で元カレ・元カノと復縁する!

実は、復縁はそれほど難しいことではありません。
自分に合った冷却期間の過ごし方、自分磨きやアプローチ法を実践すれば元カレ・元カノとよりを戻すことができます。

「それができないから悩んでいるのに…」

そんな方はぜひ、復縁のカリスマ・小野田ゆうこさんに相談してみましょう。
プロの復縁アドバイザーとして相談件数4万人以上、満足度97%以上の実績を誇っています。


初回無料のメール相談と復縁に役立つ無料メルマガをお試しください!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする