復縁する気ある!?素っ気ない相手にとってしまった5つのNG行動

355df064534596f189ac2474386992f9_s
復縁したいお相手が素っ気ないと、気持ちが焦ってしまう…それは誰でもあることです。
ですが、そこで誤った行動をしてしまうと全く連絡が取れなくなる状況になることもあります。
もしかしたら、元カレ・元カノからはっきりと「拒否」するようなことを言われた方もいるかもしれません。
ここではそんな経験がある方々が実際にとってしまった「NG行動」をご紹介します。
絶対にやってはいけない反面教師として心に留めておいてください!


スポンサーリンク

1.相手から返信がなくマイナス感情の内容を送ってしまった

復縁を成就への第一歩はお相手から「マイナス感情」を取り去ることです。
そのために冷却期間や自分磨きをすることが必要なんですね。

たとえばお相手が素っ気ない態度を取ってきたことに悲しくなりこんなメッセージを送ってしまったら…。

  • 「メール(LINE)をしたくない程嫌われてるんだ。」

客観的に考えてみると、とんでもないNG行動といえます。
そもそもお相手は、別れたあなたとの間に気まずい気持ちを持っています。
それなのにこんなマイナス感情にあふれたメール・LINEは…ちょっと重たすぎますよね。
復縁をするためには基本的にネガティブな内容は避けた方が無難です。

催促メールや既読無視の指摘もNG

この他に、「メール届いてる?」や「メール読んでる?」などのメールもよくないですね。
メールはエラーで返ってきていない限り、殆どの場合届いてます。
また、LINEならば「既読ついてるよ」「既読無視するの?」なんていうのもタブー。
このような催促をするメッセージは元カレ・元カノの気持ちに大きく分厚い壁を作ってしまいます。
絶対に送らないようにしましょう。

スポンサーリンク

2.メール拒否をされたので、実際に会いに行った

元カレ・元カノはあなたに対して大なり小なり「気まずさ」を感じています。
別れた直後や気持ちの整理がつかない間は「会いたくない」と思っていることでしょう。
あなたからのメール・LINEを拒否しているということは、今のところお相手はあなたと話したくないのです。

復縁のセオリーを思い出しましょう

元カレ・元カレはそういった気持ちでいるのに、あなたが強引に会いに行ってしまったら…。
正直言って、メールやLINEをされるよりも引いてしまうのではないでしょうか。
少なくとも復縁のセオリーとしては、拒否をされている時に押せ押せムードで接することはとっても逆効果です。
冷却期間を置いて、暫くは自分からアクションを起こすのは止めておいたほうがいいでしょう。
実際に会いに行くなんてもってのほかです!

スポンサーリンク

3.メール拒否をされたので、アドレスを変えた

元カレ・元カノが、あなたからのメール・LINEを拒否してしまう…そういうことも実際に起こりえる話です。
「なんとかして連絡を取りたい!」と思うかもしれませんが、強引に行くのはやめるべきです。
アドレスやLINEのIDを変更して無理やり連絡をとりつける…もはや嫌われに行っているとしか思えません。

ストーカーと思われる?

これは上記の「会いに行く」こととても似ている状況ですね。
元カレ・元カノは拒否をしているのに、メール・LINEを送られたら迷惑としか取りません。
人によっては、そんな必死の行動が怖いとさえ、感じさせてしまうのではないでしょうか。
あなたは真剣に復縁を望んでいるだけなのですが…下手をすればストーカーだと思われてしまいます。

すぐに拒否されてしまう!

確かにアドレスやIDを変更すれば一度くらいは連絡も取れるでしょう。
しかし、そんなことをしても、結局は拒否されてしまうだけです。
そんなことを繰り返しても意味はないどころか、お相手が完全にあなたを怖がってしまう可能性があります。
手遅れにならないためにも絶対にしてはいけない行動の一つだと覚えておきましょう。

スポンサーリンク

4.「新しい人が出来た?」とメールをした

あなたが、元カレ・元カノに対して「素っ気ない」と思うのはどんな瞬間でしょうか?

  • メール・LINEの絵文字やスタンプがない
  • 文章がやたらと短い
  • YES、NOしかしてこない
  • 返信のタイミングが遅い
  • 付き合っていることより連絡が極端に減った

などなど、色々と考えられますね。
こうした素っ気ない対応をされた時にあなたがピンとくるのは「新しい恋人の存在」ではないでしょうか。
真実を確かめたくて、思わず「新しい恋人ができた?」なんて聞いてしまう…それはNG行為です。

NGである2つの理由

1つは、普通に「できたよ。」とメールが来た場合。
当然、とてもショックを感じてしまいますよね。
これがまだ、お相手から言ってきたのなら「残念だけど仕方ないか…」と気持ちに区切りがつくかもしれません。
ですが、自分からのメール・LINEで問いただして知ってしまったら…「聞かなきゃ良かった!」と思うに違いありません。
自分が原因で自分を傷つけるのは本当に悲しいことですから、やめましょう。
もう1つは、元カレ・元カノがウザいと思うから。
お相手が素っ気ない態度を取っているのには理由があります。
たとえば、別れたあなたにプライベートなことまで詮索されたくはないと思っているのではないでしょうか。
あなたを諦めさせる為、もうこれ以上連絡がこないように、まだ誰もいないのに新しい人がいると言ってしまう場合があるんです。
そんなウソをつかせるほどに、あなたの詮索がウザいとお相手は感じているんですね。
それほどまでのマイナス感情を抱かせないためにも、恋人できた?なんてメール・LINEは送るべきでないのです。

5.やたら長い謝罪と後悔のメールを送った

一番最初の項目でも申し上げたとおり、相手に送るメッセージでネガティブな内容はよくありません。
ましてや、マイナス感情たっぷりの長文を送られた日には…途中で読むのをやめてしまうに決まっています。
たとえ読んでくれたとしても「やっぱり面倒な人だったんだな」と余計に元カレ・元カノの気持ちを遠ざけてしまうでしょう。
どうしても謝罪をしたい場合には簡潔に、マイナスになりすぎないように行うべきです。
読むのもうんざりするようなダラダラとした長文は絶対に避けるべきです。

おわりに

素っ気ないお相手にしてはいけないNG行動はいかがでしょうか。
客観的に見てみると、復縁が遠のいてしまう理由がよくお分かりだと思います。
しかし、実際に復縁活動をしてみると意外にこうしたNG行動をとってしまいがちなんですね。
今から復縁を目指す方は、今回ご紹介した内容を反面教師としてタブー行動に気をつけてくださいね。

じっくりとタイミングを見計らい、計画を練って、正しい行動をして復縁の成功率を高めていってください!

無料相談で元カレ・元カノと復縁する!

実は、復縁はそれほど難しいことではありません。
自分に合った冷却期間の過ごし方、自分磨きやアプローチ法を実践すれば元カレ・元カノとよりを戻すことができます。

「それができないから悩んでいるのに…」

そんな方はぜひ、復縁のカリスマ・小野田ゆうこさんに相談してみましょう。
プロの復縁アドバイザーとして相談件数4万人以上、満足度97%以上の実績を誇っています。


初回無料のメール相談と復縁に役立つ無料メルマガをお試しください!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする