お手軽!新聞紙の復縁おまじない方法と効果倍増3つのコツ

a62ca3329ed7433e0d3dbd06cba339c4_s
恋愛関係のおまじないは沢山ありますが、新聞紙を使ってもおまじないが出来るってご存知ですか?
新聞紙で恋愛のおまじないができるって意外かもしれませんね。
ですが、効果は絶大で口コミでも復縁が成功したという報告が多数あります。
新聞があれば冷却期間中に誰でもできる簡単お手軽なおまじない!
復縁に大変効果のある新聞紙おまじないのやり方や効果を高めるコツをご紹介しますので、早速やってみましょう!


スポンサーリンク

おまじないの方法

お相手の名前を10センチ四方に切った新聞紙に、赤ペンで大きく書きます。
それを持ち歩きやすい大きさに折り畳み、2日間持ち歩いてください。
3日目に、その新聞紙を燃やして、できた灰を掌にのせ、笑顔で見つめながら下記のように唱えます。
「愛しい人、また、またね・・・?」
呼びかけるようにすると効果的です。
最後に、灰をふっとふきます。

スポンサーリンク

おまじない3つのコツ

上記のおまじないは、新聞紙を使った復縁のおまじないとしては、かなり有名だと思いますが、コツはあまり知られていないかもしれません。

おまじないの効果を高めるコツ

新聞紙についてはどこのものでもかまいません。
ただ、日付についてはちょっとこだわってみると良さそうです。
新聞の発行日が以下のものであると効果が高まりやすいと言われています。

  • 元カレ・元カノの誕生日
  • お付き合いした日
  • 二人の記念日
  • カップルのイベント日

新聞紙の発行日がお相手の誕生日のものですと、更に効果が激増するようです。
お相手のお誕生日のものがなければ、お相手とお付き合いし始めた日の発行日などの、二人の記念日の日付のものでもいいでしょう。
それもなければ、バレンタインやクリスマスなど、カップルのイベントとされるイベントの日付のものでも効果アップが期待できます。

赤ペンについて

赤ペンについては、赤であればなんでもいいのですが、太字で書けるほうが効果があるでしょう。
細いとその分、想いも弱々しくなってしまうからです。
元カレ・元カノと復縁したいという気持ちを赤ペンの太さで表しましょう。

燃やす時間について

新聞紙を燃やす時間ですが、赤ペンで名前を書いてから72時間後(3日間)が良いです。
おまじないを始めて、4日目ということになると思います。
少しくらい時間がずれても構いませんが、ぴったり72時間後に燃やすことが出来れば、効果は抜群です。

スポンサーリンク

信じる心が一番大事

この復縁おまじないはとても強力で効果が高いと言われています。
実際に新聞紙を燃やしてから「すぐにお相手から連絡があった」とか、「1週間後に復縁できた」などのような口コミも沢山あります。
そのように強力なのですが、もしもあなたが疑いながらおまじないを行ってしまうと、いくら発行日付などにこだわっても、効果が減ってしまいます。
場合によっては復縁効果ゼロということも有り得るでしょう。
一番大事なのは、このおまじないを信じて確信を持って行うことです。
お相手と既に復縁しているような幸せな気持ちを感じながら、おまじないをするとより効果的でしょう。
お相手の顔を思い浮かべたり、復縁後のお相手とのデートの様子を思い描くのもいいですね。

スポンサーリンク

無料相談で元カレ・元カノと復縁する!

実は、復縁はそれほど難しいことではありません。
自分に合った冷却期間の過ごし方、自分磨きやアプローチ法を実践すれば元カレ・元カノとよりを戻すことができます。

「それができないから悩んでいるのに…」

そんな方はぜひ、復縁のカリスマ・小野田ゆうこさんに相談してみましょう。
プロの復縁アドバイザーとして相談件数4万人以上、満足度97%以上の実績を誇っています。


初回無料のメール相談と復縁に役立つ無料メルマガをお試しください!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする