遠距離が原因で破局!復縁して結婚可能?取り除きたい3つの問題

ccf7d95e2de35cfd0c418f48b2061c41_s
遠距離の復縁でもヨリを戻して、結婚まで至ることはできるのでしょうか?
結論から言ってしまうと、不可能ではありませんが、結婚に辿り着く為には条件があります。

復縁をして結婚する、たくさん努力をして頑張らないと叶えることは難しいでしょう。
それに加えて、遠距離である…となると本当に大変なことです。
しかし、正しく努力を続け、元カレ・元カノへアプローチをすることができれば、結婚も不可能ではないのです。

ここでは、距離が原因で別れた場合の復縁について、掘り下げてみましょう。


スポンサーリンク

遠距離が原因で別れた場合の復縁→結婚

まず、遠距離恋愛中に、距離が原因で別れる理由を考えてみましょう。

  • 毎日会えず寂しさ…精神的な理由
  • ずっと一緒にいられない…時間的な理由
  • 交通費や滞在費…金銭的な面

こういったものが挙げられるのではないでしょうか。
遠距離の恋愛にはどうしてもこれらが障害になってしまいます。

結婚のためには問題をクリアーにすべき

ただ復縁をするだけでしたら、この全ての問題が解決されていなくても、気持ちさえあれば可能でしょう。
ですが結婚となるとこの問題をクリアしておくことはとても大事なことです。
逆に、復縁後もこれらの問題が解決されないと、また破局・・・となりかねません。
ですから復縁を目指す間にも、この問題への解決策を考えておくことがとても重要になってきます。

復縁からの結婚は十分にありえる

実は、問題さえちゃんとクリアー出来ていれば、復縁後の結婚は難しいことではありません。
一度別れたものの、やっぱり戻ろう!と思えるということは、それだけお互いに真剣だと言えます。
元カレ・元カノが、復縁をしてくれた…それはつまり、あなたとのお付き合いについてしっかり考えている証拠です。
ですから、遠距離の復縁から結婚に繋がるのは割と容易なことなのですね。

スポンサーリンク

復縁からの結婚…3つの問題とその解決法

それでは、問題解決策とは具体的にどのようなものがあるのかご紹介しましょう。
復縁後は以下のようなことに注意してください。

1:寂しさなどの精神的な問題の解決策

精神的な問題で別れた時の場合から考えていきましょう。

寂しさは見せない

寂しくて、それをぶつけてしまった…破局の理由としてはよく有りますね。
もしあなたの寂しさが原因で別れた場合は、遠距離による寂しさ、を見せないようにすることが大切です。
復縁を目指して連絡を取っている間、たとえ本当は寂しくてもその寂しさを覗かせないようにしましょう。

ゆっくりと接近していく

お相手が寂しくてお別れとなった場合もあるかもしれません。
その場合は、元カレや元カノに連絡をする必要があったかもしれません。
いざ復縁となったら、連絡をマメに取るか、思いきってお相手の近くに住むことを検討するという方法もあります。
もちろん、いきなりそういった行動に出ると、元カレ・元カノも不審に思います。
その辺りは復縁のセオリーにのっとり、お相手の反応を見ながら上手に判断しましょう。

2:時間的な理由による別れの解決策

遠距離恋愛の場合、距離的な問題がありますから、どうしてもコミュニケーションが不足しがちです。
電話やメール、LINEなどのツールだけで頻繁に連絡を取らないと、恋愛関係が続けにくいものですよね。
しかし、仕事やその他の理由で忙しいことは誰にだってあります。
その結果、連絡が出来なくなり、それで付き合っていても仕方ない…と別れてしまうこともあるでしょう。
つまり、時間的な理由でお別れをすることは、遠距離恋愛では珍しいことではないのです。

問題の根本は会話不足にある

この場合の解決策は、コミュニケーションをこま目に取る、ということです。
たとえ短文だけでも送る、送られてきても満足する、ということが大切です。
寂しさとも繋がりますが、長期間まったくコミュニケーションがないと、不満を感じるものです。
忙しいのは頭でわかっていても、心のどこかで不満を感じてしまうんですね。

あなたが連絡できなかった

あなたが忙しく連絡が取れなかった場合。
一言だけでもメールや電話ができなかった…まずはそのことを反省しましょう。
そして、素直に悪かったという気持を元カレ・元カノに伝えてあげてください。
その後、お相手の反応が悪ければ一定期間の冷却期間を置いてみましょう。
反応がもしければ、まずは友だち関係からということで、毎日1通のメール、5分の電話でも構いませんから、コミュニケーションをとるように努力しましょう。

お相手から連絡がなかった

逆にお相手が忙しかったためにお別れになってしまった、ということもあるでしょう。
その場合は、元カレ・元カノが忙しかった、ということについて理解を示してあげましょう。
ですから、あなたから連絡を取ることは基本的にNGとなります。
冷却期間を一定期間以上は置くべきですし、何かのきっかけで連絡した時には、お相手の返信を催促するようなことも厳禁です。
その内ふとお相手の心に余裕が出て来た時に、一番連絡したい相手があなたであれば十分ではないでしょうか。

3:金銭面での問題について

別れの問題で一番難しいのが金銭的な問題ではないでしょうか。
すぐに収入を増やすのは難しいことですが、遠距離恋愛は金銭的な負担が多いものです。
実際に、お金が理由で別れるカップルは少なくありません。

まずはセオリー通りに

復縁のセオリー通りに、まずは冷却期間を置いてみましょう。
その間に、お互いが安く行き来できる方法を考えてみてください。
または、今よりも距離的に近くなるように、引越しをする…そういう選択肢も考えてみましょう。
時間をかけ、お互いが負担にならないような状態をつくることが遠距離復縁では大切です。

スポンサーリンク

おわりに

遠距離の復縁は、距離が近い復縁とはまた違う問題があるものです。
冷却期間や自分を見つめなおす時間など、復縁のセオリーはもちろん大切です。
しかし、遠距離ならではの問題解決をすることも必要であることを忘れないようにしましょう。

二人の間の障害が取り除かれれば、自然と復縁はできるものです。
そして、遠距離であっても、復縁から結婚という流れは可能となっていきます。

スポンサーリンク

無料相談で元カレ・元カノと復縁する!

実は、復縁はそれほど難しいことではありません。
自分に合った冷却期間の過ごし方、自分磨きやアプローチ法を実践すれば元カレ・元カノとよりを戻すことができます。

「それができないから悩んでいるのに…」

そんな方はぜひ、復縁のカリスマ・小野田ゆうこさんに相談してみましょう。
プロの復縁アドバイザーとして相談件数4万人以上、満足度97%以上の実績を誇っています。


初回無料のメール相談と復縁に役立つ無料メルマガをお試しください!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする